みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

2016年末ジャンボ宝くじの買い方と高額当選が多い売り場情報

      2016/11/02

あなたは、宝くじを買ったことはありますか?当たらないかもしれないけれど、買わなければ当たらないのが宝くじですね。

出典 http://1.bp.blogspot.com/-oOtpbLMCIR8/VOsJif6SmfI/AAAAAAAArpM/_BfoDxn1gHM/s180-c/takarakuji.png

出典
http://1.bp.blogspot.com/-oOtpbLMCIR8/VOsJif6SmfI/AAAAAAAArpM/_BfoDxn1gHM/s180-c/takarakuji.png

今回は、年末ジャンボ宝くじの発売期間や抽選日、販売価格や買い方のコツなどをご紹介します。

スポンサーリンク

 

発売期間
2016年11月24日(木)~2016年12月23日(金・祝)の30日間
※年末ジャンボプチ1000万(第706回全国自治宝くじ)も同時発売されます。

抽選日
2016年12月31日(土)大晦日
※年末ジャンボミニ1億円(第705回全国自治宝くじ)も同時抽選されます。

販売価格
1枚300円

賞金額
1等+前後賞合わせて10億円
(昨年に引き続き宝くじ史上最高賞金額)

発行(予定)ユニット数および発売(予定)額
25ユニット(1ユニット=2,000万枚/1,500億円)
※通常は1ユニット=1,000万枚です。

支払い期間
2017年1月5日(木)~2018年1月4日(木)までの1年間です。

出典 http://3.bp.blogspot.com/-cz2-rPxU2_E/UYzZceG_HDI/AAAAAAAAR6E/B6WRKvd7FZs/s180-c/oomisoka_title.png

出典
http://3.bp.blogspot.com/-cz2-rPxU2_E/UYzZceG_HDI/AAAAAAAAR6E/B6WRKvd7FZs/s180-c/oomisoka_title.png

宝くじ売り場の営業時間

西銀座チャンスセンター
1等+前後賞合わせて10億円を出した宝くじ売り場です。大変人気があり、長い列ができて混雑する売り場として有名です。「1番窓口」で買うなら、最低でも1時間以上の余裕をもっておいたほうがいいですね。

営業時間
発売初日のみ朝8時30分~夜8時00分までの営業時間です。
ジャンボ宝くじ発売期間中は朝9時~夜8時までになります。
※発売最終日は、混雑の状況によっては営業時間が延長されることもあります。

出典 http://4.bp.blogspot.com/-TB46ivV-x5E/VNH7Z18n_5I/AAAAAAAAreM/BYa3W6nYD2o/s180-c/takarakuji_uriba.png

出典
http://4.bp.blogspot.com/-TB46ivV-x5E/VNH7Z18n_5I/AAAAAAAAreM/BYa3W6nYD2o/s180-c/takarakuji_uriba.png

大阪駅前第4ビル特設売場
高額当選日本一の売り場です。
高額当選者が多いにもかかわらず、西銀座チャンスセンターよりは並ぶ時間が少ないということで、穴場といえますね。1等+前後賞=10億円×2本が出ています。

営業時間
発売初日・発売期間中・発売最終日に関わらず、すべて朝8時00分~夜8時00分までとなっています。営業時間の延長はありません。

一般的な「宝くじ売り場」
東京の西銀座チャンスセンターや、大阪駅前第4ビル特設売場のように、長く並んだり混雑することはないので、買いやすい売り場といえますね。

営業時間
土日に30分早く営業終了をする店舗もありますが、ほとんどが朝10時00分~夜6時30分までとなっています。
店舗により、営業時間は前後することもあります。

スポンサーリンク

 

宝くじの買い方

初心者向け
【連番・バラとは?】
「連番」とは、10枚を1セットで買う、最もスタンダードな買い方です。
10枚すべて同じ「組」になっています。
6ケタの「番号」は、下1ケタ(一番右側の数字)が「0」~「9」まで10枚そろっています。
購入金額は1枚300円なので、10枚で3,000円になります。

※2セット以上購入することもできます。
ただし、2セット目以降は、1セット目とは違う「組」、違う「番号」になります。
1セット目と違う「組」と違う「番号」の「連番」を希望なら、宝くじ売り場で「連番2セットください。」と言ってみてください。
「連番2セット」の購入金額は6,000円です。「連番3セット」なら9,000円になります。

「バラ」とは10枚を1セットで、一枚一枚が違う「組」、違う「番号」がセットになっている買い方です。
購入金額は1枚300円なので、10枚で3,000円になります。

※2セット目以降は、「組」が重なる場合があります。
「バラ」は、1等の前後賞が狙えません。

 

この買い方は、熊本地震被災地支援ドリームジャンボミニ7000万(第695回全国自治宝くじ)などの前後賞が無い“ミニくじ”(併売宝くじ)を購入する場合におすすめです。

 

まとめ
年末ジャンボ宝くじといえば、当選金額が大きく夢も広がりますよね。

人気のある売り場で購入したり、買い方を工夫することで、当選の確率も上がってくる傾向が見られます。

人気のある売り場は、全国からたくさんの人が購入のために訪れるので、数時間並ぶこともあります。時間には十分なゆとりをもって出かけられることをおすすめします。

スポンサーリンク