みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

みなとこうべ海上花火大会2016の開催日はいつ?絶対見たい場所とは?

   

兵庫県下で最大規模の花火大会でもある「みなとこうべ海上花火大会」は、今年2016年で第46回を迎えます。

神戸ポートタワー、神戸海洋博物館、ホテルオークラ・・・この3つの建築物を捉えた写真を一度は見たことがあるかと思います。

この神戸を象徴する建物を更に美しく幻想的にするのが、みなとこうべ海上花火大会です。

出典:http://www.city.kobe.lg.jp/life/access/harbor/kankou/hanabi.html

出典:http://www.city.kobe.lg.jp/life/access/harbor/kankou/hanabi.html

こんな場所で花火を打ち上げることができるのは神戸だけですね。

全国からも多くの見物客が訪れるこの花火大会について、開催日や観覧スポット、アクセス情報等を見ていきます。

スポンサーリンク

 

みなとこうべ海上花火大会の気になる開催日は?

みなとこうべ花火大会は毎年8月の第一週もしくは第二週の土曜日に開催されますが、2016年は8月6日(土)に開催されることになっています。

土曜日は普段でも三ノ宮や神戸ベイエリアでショッピングする方や、海外からの観光客も多いので、花火大会当日は更に混雑が予想されます(毎年のことですが・・・)。

又、当日の天候が少量の雨であれば開催されますが、本降りの雨や強風がある場合は完全に中止となります(延期はありません)。

■花火大会日時:平成28年8月6日(土)19:30~20:30まで

打ち上げ場所はどこ?アクセス方法は?

みなとこうべ海上花火大会の花火の打ち上げ場所は広く言いますと神戸港の海上で、範囲の詳細は新港突堤からメリケンパークの南側海上の間になっています。

出典:https://kobehanabi.jp/

出典:https://kobehanabi.jp/

海上で打ち上げられますから色々な場所、角度から観覧することができるのも人気の秘密です。

 

【公共交通機関】

公共交通機関を使ってのアクセス方法ですが、街の中心ですし広い範囲から見ることができますので、どの駅からも歩いて行ける非常に便利な場所です。

以下の駅が最寄駅で、どの駅からでもアクセス可能ですが、打ち上げ場所により近いのは地下鉄線の各駅で、中でもみなと元町が便利です。

又、ポートライナーの中公園駅から反対方向に観覧するのもおすすめです。

JR:三宮、元町、神戸駅
阪神:三宮、元町、西元町
阪急:三宮、花隈
地下鉄:三宮、花時計前、旧居留地、みなと元町、ハーバーランド
ポートライナー:三宮、ポートターミナル、中公園

 

【マイカー】

神戸中心部ですから時間貸しの駐車場の数は非常に多いです。

しかし、花火大会当日は17時ごろから周辺道路は交通規制がかかり近くには行けないことが多いですし、近隣駐車場も早くから満車になります。

出典:http://www.ouyuu.biz/cgi-bin/ouyuu/siteup.cgi?category=1&page=3

出典:http://www.ouyuu.biz/cgi-bin/ouyuu/siteup.cgi?category=1&page=3

もしマイカーで行かれる場合は、自主規制が始まる14時30分までには周辺に入って駐車場に停めること。

又少し離れたエリアの駐車場に停めた方が、終了後の帰路の混雑を避けやすいです。

スポンサーリンク

 

おすすめ観覧スポットベスト5

みなとこうべ海上花火大会はメリケンパークエリアで見られる方が多いです。

やはりポートタワーやホテルオークラ等があり、露店も多く行きやすいこともあってメリケンパークが最も人出が多いです。

比較的混雑を避けることができて、且つ夜景も花火もきれいに見ることができるおすすめの観覧スポットをご紹介します。

 

①ポートアイランドしおさい公園(西公園)

神戸大橋を渡ってポートアイランド側から、みなとこうべ海上花火大会を観覧するスポットです。

ポートライナーから徒歩で約10分の場所にあり、陸の際に長細く設置された公園で遮るものが全くないので、花火はもちろん夜景もよく見えます。

コンビニまで少し距離がありますが、露店も30店舗ほど出ますので食事の方も心配しなくてもいいです。

 

②第四突堤(ポートターミナル)

神戸港には第一から第四まで突堤がありますが、第四突堤は比較的観客が少なめですので花火を見るにはおすすめです。

ポートライナーのポートターミナル駅を降りるとすぐですので交通の便もいいですし、ここには神戸ポートターミナルホールがあり有料座席も販売しています。

ゆっくりと見たい方はこのチケットもおすすめですが早めに購入することが必要です。

③兵庫ふ頭

兵庫ふ頭は会場の西側に位置しています。

ここはハートフルゾーンになっていて身障者専用の観覧席があります。

アクセスは地下鉄中央市場駅から徒歩15~20分で少し遠く不便ですが、その分人の数も比較的少なめです。

駅からは無料シャトルバスもでています。

 

④ポートアイランド北公園

北公園は以前から夜景の見えるデートスポットとして有名な公園です。

ポートアイランド側から見るにはこの場所が一番だと思いますが、やはりその分人が多いのである程度の混雑は覚悟しなければなりません。

露店も出店しています。

 

⑤再度山ビーナスブリッジ・渦森中公園

マイカーで行かれる方は、少し離れた位置からこうべの花火大会を見るということをおすすめします。

再度山ビーナスブリッジ

金星台と山頂の展望広場を結ぶ8の字形のループ橋がビーナスブリッジで、ここも昔からデートスポットとして有名です。

山の上から広がる市街地の眺望や夜景を見渡せることができる場所ですので花火も間近にきれいに見えます。

 

渦森中公園
神戸市東灘区の高台にある住宅団地の渦森台は神戸の夜景が見えるビューポイントです。

道路わきに車を停めて夜景を望むことができますし、公園の展望台からも神戸市内が見えますから、花火も小さい花がパッと咲くような感じを楽しむことができます。

但し、住宅街ですから騒音には注意して迷惑をかけないようにしてください。

 

みなとこうべ海上花火大会まとめ

如何でしたか。

神戸の市街地はもともと夜景がきれいな場所として有名ですが、そのシチュエーションにプラスして更にきれいな花火が1万発夜空に上がります。

今年は8月6日の土曜日ですので、週末の旅行やデートを兼ねて是非訪れてみてください。

打ち上げ数が多い花火大会2016開催日とみどころ情報【関西編】

スポンサーリンク