みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

意外と知らない花見スポット。家族と行くなら「ここ」がおすすめです!

   

keiba01
「今年の花にはどこに行こう・・・」

花見のスポットといえば、神社仏閣や公園などが思い浮かびますが、人気の場所は人も多くゆっくりと花見を見ることもできないこともあります。

又、ある程度の大人同士なら花を見てその美しさに感動して満足を得ますが、小さな子供がいるファミリー層では行く場所に悩むものです。

子どもたちにとっては、“桜を見て何が面白いの?”という気持ちになりますので・・・。
そこで今回は小さな子供がいるファミリー層向けの花見スポットをおすすめしたいと思います。

子どもが楽しめる花見スポットとは

大人も子供も楽しめる花見スポットは「競馬場」です。
keiba02

昔は「競馬場」はおじさんのイメージ、汚いイメージがあり若い方には敬遠されていましたが、最近の競馬場は全く違います。

子どもが遊べるジャングルジムなどがある公園やサラブレットの乗馬体験、小さいお子さん向けにはポニーの乗馬等、一日楽しめるスポットがあります。

又、競馬場はきれいに整備されており、植栽もいきとどいていますので、桜の季節には花もきれいに咲き誇ります。

毎年4月10日前後には「桜花賞」というレースが開催されることもあり、各競馬場には桜が植樹されていますし、特にそのレースが行われる阪神競馬場(兵庫県西宮市)の桜は見事で緑の芝との色のコントラストがすごくきれいです。

スポンサーリンク

 

競馬場は何か所ある?

国の管轄である日本中央競馬会(JRA)が開催している競馬場は、札幌、函館、福島、新潟、東京、中山、中京、京都、阪神、小倉と10か所あります。

又、県など方公共団体が管轄する地方競馬全国協会(NRA)は門別、札幌、帯広、盛岡、水沢、浦和、舟橋、大井、川崎、金沢、笠松、名古屋、中京、園田、姫路、高知、佐賀等17か所あります。

比較するとやはりJRAの方が施設整備されていますし、土日しか開催していません。

一方、NRAは基本平日開催、ということから考えるとJRAの競馬場にいかれるのが自然かもしれません。

サクラがきれいな競馬場

出典:http://www.prcenter.jp/yushun/blog/2013/04/post-935.html

出典:http://www.prcenter.jp/yushun/blog/2013/04/post-935.html

JRAでは、毎週土日にすべての競馬場で競馬が開催されているわけではありません。

時期によって基本2場開催、多い時で3場開催となります。

サクラの季節である4月上旬は、阪神競馬場と中山競馬場、そして福島競馬場での競馬開催になり、そのうちの阪神競馬場「桜花賞」レースが開催されます。

スポンサーリンク

 

開催される競馬場は10か所のうち2~3か所で入場料は大人100円~200円(子供は無料)となっています。又、その他の競馬場は閉まっているというわけではなく、入場することができます(無料)。

「桜花賞」が開催される阪神競馬場は「お花見イベント」があったり、中山競馬場の駐車場周辺の桜も非常にきれいです。

大人も子供も楽しめるお花見

出典: http://blogs.yahoo.co.jp/hiroppihiroshi/6362180.html

出典:
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroppihiroshi/6362180.html

お花見といえば神社仏閣や公園などに出かける人が多いと思いますが、一度競馬場での花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

お父さん、お母さんは馬券を買って楽しむ、子供たちは乗馬体験や公園で楽しむ、そして花見しながお弁当を食べると、色々楽しめる競馬場です。

スポンサーリンク

 

時々、「〇〇サクラ」「サクラ〇〇〇」といったような名前の馬が走ったりしますので、その日はその馬にかけてみるのもいいかも・・・。

ほんと、穴場ですよ。