みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

我が家の定番!小学生でも作れる簡単ひき肉レシピおすすめ3選

   

あなたのお子さんはひき肉を使った料理は好きですか?

我が家はひき肉を使った簡単料理を子供たちと一緒に作って楽しんでいます。

出典 http://4.bp.blogspot.com/-v8HxBimZB4c/VYJrcQizTcI/AAAAAAAAudU/XyRBP6J4FLQ/s180-c/cooking_ryouri_kyoushitsu_kids.png

出典
http://4.bp.blogspot.com/-v8HxBimZB4c/VYJrcQizTcI/AAAAAAAAudU/XyRBP6J4FLQ/s180-c/cooking_ryouri_kyoushitsu_kids.png

今回は、ひき肉を使った、子供でも作れる簡単なオリジナルレシピを3つご紹介します。

スポンサーリンク

 

ハンバーグ

出典 http://1.bp.blogspot.com/-Hli6afTS54w/UgSMCMQNnNI/AAAAAAAAW6c/FXu-zvewMWY/s180-c/food_hamburg.png

出典
http://1.bp.blogspot.com/-Hli6afTS54w/UgSMCMQNnNI/AAAAAAAAW6c/FXu-zvewMWY/s180-c/food_hamburg.png

材料
・ひき肉…100g
・玉ネギ…1こ
・卵…1コ
・パン粉…適量
・塩コショウ、ナツメグ…少々

作り方
①フードプロセッサー(以下:FP)の中に、上記の材料を全て入れ、粘り気が出てまとまるまで混ぜます。

②スプーンで生地をすくって、丸型にまとめ、中央に指で穴を軽く開けます。

③フライパンに油を敷き、弱火より少し強めの火力で、フタをして焼き目がつくまで両面を焼きます。

これで完成です。

ポイント
・パン粉は、生地がまとまるまで入れます。少しずつ入れながらFPを動かすと、調整がうまくいきます。

・フライパンに敷く油は、大さじ1杯が目安ですが、焦げ付きやすいので、少し多めに入れた方がいいです。ただ、油がはねやすくなるので、やけどに注意してください。

・生地をひっくり返す時に、フライ返しを小刻みに動かすと焦げ付かずにキレイに返せます。

・焼く時間は、片面3分~5分です。弱火だと、なかなか火が通らず時間がかかってしまうのですが、強火で表面だけ焼けてしまうのを防ぐことができます。

・フタをして焼くと、火のとおりがよくなり、油はねも防げるのでおすすめします。

・フードプロセッサーがない場合は、包丁で玉ネギを細かくみじん切りし、ボウルにすべての材料を入れて、粘り気が出るまでよくこねてください。

ピーマンの肉詰め

出典 http://2.bp.blogspot.com/-F_pvBbb6D_Q/UzKmk65nQ_I/AAAAAAAAelM/KZX5dnNNG1Y/s180-c/food_piman_nikudume.png

出典
http://2.bp.blogspot.com/-F_pvBbb6D_Q/UzKmk65nQ_I/AAAAAAAAelM/KZX5dnNNG1Y/s180-c/food_piman_nikudume.png

材料
・ひき肉…100g
・ピーマン…4個
・とろけるチーズ…適量
・塩コショウ…適量

作り方
①フライパンなどで、ひき肉を炒め、塩コショウします。
②ピーマンはヘタを落とさずに、たてに切ってふたつに分け、タネを取り除きます。
③ピーマンに、炒めたひき肉を詰め、とろけるチーズを乗せます。
④グリルパンに、具を詰めたピーマンを並べ、グリルに入れます。
④チーズがとけて、軽く焼き色がつくまでグリルで加熱します。

これで完成です。

ポイント

・グリルで調理する時間は、弱火で5分程度です。火が強すぎると焦げてしまうので、火加減は心もち弱火の方がいいですね。

・焼けたら、具がこぼれないように、ピーマンをトングでつまむと、スムーズにお皿に移せます。

スポンサーリンク

 

グリルオムレツ

出典 http://2.bp.blogspot.com/-i9rqYznm5SA/UzKmkT1kEVI/AAAAAAAAelI/HU1M-5v6K18/s180-c/food_omelet.png

出典
http://2.bp.blogspot.com/-i9rqYznm5SA/UzKmkT1kEVI/AAAAAAAAelI/HU1M-5v6K18/s180-c/food_omelet.png

材料
・卵…3コ
・ひき肉…50g
・塩コショウ…適量

作り方
①卵をボウルに割り入れ、よく混ぜます。
②グリルパンにひき肉を入れ、塩コショウします。色が変わるまで、弱火で火を通します。
③ひき肉に火が通ったら、溶いた卵をグリルパンに流しいれ、ひき肉とよく混ぜて加熱します。3分~5分が目安です。
④ふくらんでいたら完成です。

ポイント
・卵は、ムラなくしっかり混ぜると、ふっくらと仕上がります。小さめの泡立て器があれば、お子さんでも混ぜやすいですね。

・グリルを使うので、フライパンを出す手間が省けます。
また、グリルパンは、フッ素加工など、焦げ付きにくい素材であれば、油を敷かなくて済みます。材料を混ぜて、グリルで加熱するだけなので、ずっとコンロの前で番をしなくてもかまいません。
その間に、片付けや盛り付け用のお皿なども用意できます。

・グリルがない、使えないという場合は、フライパンで同じ手順で作ります。
卵を入れて混ぜた後は、フタをして弱火で加熱します。

・中の具は、ツナやとろけるチーズ、パセリやミックスベジタブルなども手軽に用意できるのでおすすめです。

 

いかがだったでしょうか?

今回は、実際に著者の家で子供が作っているレシピをご紹介しました。

包丁を使う時や、火を使うときは、大人が見守っています。

あまり包丁を使わず、材料や作る工程もシンプルなので、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク