みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

飲む日焼け止めって知ってる?噂のヘリオケアの効果とは?

   

日焼け止めは欠かせませんね。

出典http://www.cip-upward.org/img/2015y07m16d_184052447.jpg

出典http://www.cip-upward.org/img/2015y07m16d_184052447.jpg

一般的に日焼け止めはクリームやジェルなど、肌に直接塗るものですが、今の時代は飲む日焼け止めも登場しています。

今日はテレビでも度々紹介され、検索ワードでも人気急上昇中の飲む日焼け止め「ヘリオケア」についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

飲む日焼け止め「ヘリオケア」の効果

人間の体は紫外線を浴びると体内に「フリーラジカル」という成分が発生し、細胞を傷つけたりお肌のバリア機能を低下させ、肌荒れやシミ、しわを作り出します。

紫外線はシミしわだけでなくお肌の弾力やハリにも影響してきます。

このように紫外線を浴びることでお肌が老化してしまうことを「光老化」といいます。

出典http://www.machibi.jp/wp-content/uploads/2015/11/b20c926128446bab361e62140ccc59eb.jpg

出典http://www.machibi.jp/wp-content/uploads/2015/11/b20c926128446bab361e62140ccc59eb.jpg

 

ヘリオケアは体内に発生してしまった「フリーラジカル」を破壊し、細胞の損傷を防ぐ働きのある『※FernBlock』が配合されているため光老化を食い止めてくれます。

これまでの“塗る日焼け止め”は肌が浴びる紫外線を直接ブロックする仕組みでしたが“飲む日焼け止め”は紫外線を浴びることで体内に発生する成分を取り除き紫外線が肌に及ぼす影響を引き下げる事で2日焼けを防ぐ“という効果を得ます。

※FernBlock…中央アメリカに生息するシダ植物の一種で昔から使われている薬草。紫外線防御効果のほかに肌の炎症を抑え、自己免疫疾患などに効果があります。

ヘリオケアは美肌効果も期待できる

ヘリオケアにはFernBlockのほかにコラーゲンの合成に必要で鉄分の吸収も高め、シミのもとであるメラニンの合成を抑えるビタミンC、若返りのビタミンともよばれ老化の原因となる活性酸素を取り除きます。

又、「血液をサラサラに保つビタミンE、美白効果、血糖値を下げ、動脈硬化、がんの予防ダイエット効果があるリコピンも配合されており、これらの成分は抗酸化作用に効果的な栄養素のため飲むことで美肌効果も期待できるとされています。

スポンサーリンク

 

ヘリオケアの副作用は??飲み方は??

①ヘリオケアの副作用の報告はいまのところありません。

海外で紫外線が強い地域では4歳から子供も服用しています。

ただし授乳中や妊娠中の方へは推奨していないので控えたほうがいいでしょう。

 

②ヘリオケアの飲み方

日を浴びる30分前に1カプセルを飲みます。

ヘリオケアは服用して30分後に効果を発揮します。

その効果は4~5時間持続します。そのため長時間日差しを浴びる場合は4~5時間後にもう1カプセルを服用します。

また、塗る日焼け止めと併用して使うことでさらに効果は高まります。

また飲む日焼け止めを服用することで塗る日焼け止めを優しいタイプにするなど、肌に与えるダメージを軽くすることもできます。

ヘリオケアのメリット、デメリット

①メリット
出典http://img05.ti-da.net/usr/hapiko/IMG_6286.jpg

出典http://img05.ti-da.net/usr/hapiko/IMG_6286.jpg

ヘリオケアのメリットは内服することで手軽に日差しを防ぐ事ができ、汗や水で流れてしまいことがないため海やプールでのレジャーで塗り直しを気にすることなく過ごせることです。

また肌が弱い人にとっては日焼け止めクリームで肌があれてしまう心配がないことです。

 

②デメリット
出典http://www.cosme-hakusyo.com/wp-content/uploads/2015/07/20150701-nomu0006.jpg

出典http://www.cosme-hakusyo.com/wp-content/uploads/2015/07/20150701-nomu0006.jpg

またデメリットはお値段がやや高め(30錠で6〜7千円ほど)なことそしてカプセルが少し大きめでやや飲みにくいことそして飲むタイミングが遅れると日焼けしてしまう可能性があることです。

いかがでしたか。

“飲む日焼け止め”という言葉を初めて耳にした方もいらっしゃったかもしれません。

お肌への負担も軽い飲む日焼け止めで今年の夏は紫外線に負けない体を作りましょう。

スポンサーリンク