みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

今更聞けない一度に使える1円玉の枚数は?他の硬貨は?

      2016/01/21

出典:http://ameblo.jp/rumblefish-osu/entry-11585623426.html

出典:http://ameblo.jp/rumblefish-osu/entry-11585623426.html

お釣りでいつの間にかたまった1円玉や5円玉を貯金箱等に貯めている人は結構いると思います。

人によっては、ある程度の額が貯まれば銀行等の金融機関へ預け入れる方もいらっしゃいますし、なるべくお店で支払っていこうとする方もいらっしゃいます。

では1円玉を商品購入等で代金として支払う場合、一度に何枚まで使うことができるか、ご存知でしたか。
法律で定められているのです。

貨幣法第7条

 出典:http://www.shinjyo-yuko.jp/lawyer


出典:http://www.shinjyo-yuko.jp/lawyer

あまり知られていませんが貨幣法というお金に関する法律が存在しています。
その法律の第七条に、「貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する」と定められています。
ここでいう貨幣は、1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉の6種類です。

例えば二十倍ということは、1円玉で見れば20円です。100円玉であれば200円、つまり1円玉だけであれば20円の商品しか購入できない。
100円玉だけであれば200円の商品までということになります。

しかし、法律では決まっているものの、お店の方が1円玉を50枚でも代金として受け取るという意思表示をすればそれは問題なく商品を購入することができます。
逆に言えば、お店の方は同じ硬貨での支払いで20枚までは拒むことはできませんが、それ以上の受け取りは拒否することができます

スポンサーリンク

 

貯まった1円玉はどうするの?

出典:http://ameblo.jp/the-ichiro-habits/entry-10488927085.html

出典:http://ameblo.jp/the-ichiro-habits/entry-10488927085.html

最大で20枚まで使える1円玉をはじめとする硬貨ですが、そうは言ってもなかなか20枚で支払う行為は躊躇いますし、気分的にもあまりいい感じがしません。

最も賢明なことは金融機関に預けること、もしくは両替をすることだと思います。
金融機関にとっては、1円玉であろうと、1万円札であろうと、貨幣には変わらないので、出す側にとっても変な気を遣うことはありません。

1円玉を20枚以上使って支払えるところとは?

法律では同じ硬貨で使用できる枚数は20枚と決まっていますが、実はそれ以上の枚数を使うことができる場所があります。

それは役所などの行政です。

税金などを直接行政へ支払うような場合は、この20枚という規制は適用されません。

外国人が1円玉の使い道に困っている?

出典:http://tabizine.jp/2014/02/23/5707/

出典:http://tabizine.jp/2014/02/23/5707/

最近は1円玉をどう使っていいのか悩んでいる外国人観光客が多いそうです。
特に消費税が8%になったことから、余計に1円玉が手元に残る機会が増えているせいもあると思います。

そんな外国人が1円玉を使うことが多いのが“寄付”だそうです。
コンビニ等のお店では寄付金を募っていてレジ横にボックスを置いています。外国人は商品を購入し、小さな額のお釣りをもらったら寄付する方が多いみたいです。

ちなみに・・・

JRや私鉄などの券売機ですが、例えば230円の切符を買うときに10円玉23枚を入れようとしても21枚目にロックがかかります。
自動販売機でも法律の定めに基づいた使用で作られているんですね。

スポンサーリンク