みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

これならできる!ジメジメ湿気対策でカラっと気持ち良い生活のコツ

   

あなたは雨の日が続いたときや梅雨の時期の湿気対策はどうしていますか?

除湿器を置いていても部屋の中の環境が悪ければ大気中の水分をすべて取り除くことは難しいですし、特に押し入れやタンス、下駄箱の中の湿気対策は十分施してやる必要があります。

sikke02

湿気を放っておくと、それがカビや害虫の温床にもなります。

あまり費用をかけず且つ簡単に、雨の多い季節でも快適に過ごせる湿気対策や過ごし方についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

家で簡単にできる失敬対策

重曹

ふくらし粉として料理にも使う重曹ですが、これが湿気対策に効果的なんです。

しかも簡単に設置できますから費用もかけずに誰でも湿気対策ができます。

ガラス瓶に重曹を入れて湿気の多い場所、特に押し入れ、下駄箱などにはこれが効果的です。

ガラス瓶の口の部分は大きいもの(そこよりも口の方が大きい入れ物)がおすすめです。

炭の効果

最近宿泊施設でも炭を所々に置いている部屋を見かけます。

sikke05

炭にはリラックス効果がありますし、消臭効果、そして除湿効果があるのです。

炭には吸着作用があり、臭いや水分を吸収してくれるので、この炭を部屋の所々にぶら下げると除湿の効果が期待できます。

炭の吸収効果は脱臭や除湿効果だけでなく、実は目に見えないような細かいハウスダストなんかも吸い取ってくれるらしいので、ご家族にアレルギー体質の方がいれば尚更おすすめです。

備長炭がおすすめですが、竹の隅の方がより吸収効果が高いとのことです。

布団のカビや湿気のニオイを防ぐ方法

ベッドで寝ているご家庭では、お布団はベッドのすのこの上に置いていることが多く、その場合は、風通しもよいのでいいのですが、フローリングや畳に直に布団を敷いている場合は、湿気は溜まりやすくなります。

梅雨の時期に万年床でずっと布団を敷きっぱなしにしていると、いつの間にかカビが生えたり嫌なにおいが付いたりします。

これは、梅雨時期は普段よりも湿気が多くなりますし、床と布団との間の温度差で床が露結しまうことで余計に布団に水分が溜まります。

sikke01

直接床に布団を敷く場合は、布団の下に断熱シートを敷いたり、別途と同様にすのこを敷く、空気を通すマットなどを間に敷くことで、布団のカビやニオイを防ぐことができます。

スポンサーリンク

 

浴室に注意

意外と湿気対策で見落としがちなのが浴室です。

浴室は梅雨時期以外であっても、家の中でもっとも湿気が多い場所ですし、石鹸のカスはカビを増殖させる要因にもなります。

浴室は身体をきれいにする場所ですから、お風呂場自体をきれいに保つことも重要です。

sikke03

世浴室は毎日バスクリーナーで泡立出て清掃するのが基本ですが、一週間に一度の割合でカビクリーナーを使ってカビを除去することをお勧めします。

頭や身体を洗っているうちに知らない間にカビ菌を吸い込んでしまうことが無いように、カビが発生する前に対策が必要です。


石鹸やシャンプーは洗い流したつもりでも、どうしても残りますのでそこからカビが発生します。一週間に1回程度カビクリーナーを使うことでこれを防ぐことは可能です。

気持ちよく梅雨時期を過ごすまとめ

浴室などの水回り部分はカビがでやすい場所です。でも、日々カビを意識した清掃や掃除をしていたらある程度防ぐことはできます。

布団や洋服などにカビが生えたり、一旦臭いが染みついたりすると、選択してもなかなかとれないですし、かなり辛いものがあります。

そうなる前にしっかりと湿気対策を行うようにしてください。

スポンサーリンク