みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

国内最高峰!帯広の勝毎花火大会の会場は穴場的存在?

   

花火大会といえば夏の風物詩のひとつですが、首都圏だけでなく地方にも知名度の高い花火大会がたくさんあります。

中でも今回は北海道帯広市で毎年開催されている勝毎花火大会についてご紹介します。

道内のかたも道外のかたも観光がてらぜひ遊びに来てください。

スポンサーリンク

 

勝毎花火大会とは?

北海道帯広市で開催されている十勝毎日新聞社主催の花火大会です。

十勝毎日新聞は「勝毎」という略名で呼ばれていることから、花火大会にもこの略名が使われています。

2015年のデータによると打ち上げ総数は約20000発。音楽・照明・花火が一体となったエンターテイメント性の高い花火が特徴です。

 

日程と場所

開催は毎年8月13日になります。

だいたい午後7時半ころから9時ころまで花火が続き、13日に雨天の場合は14日に順延となります。

場所は十勝川河川敷特設会場。十勝大橋から下流400m付近に設営されています。

会場は一般開放席のほか有料観覧席や飲食売店もあります。

スポンサーリンク

 

アクセス方法

《飛行機》
●東京羽田空港方面から来る場合
羽田空港→(飛行機1時間35分)→とかち帯広空港→(バス40分)→帯広駅→(帯広駅前発シャトルバス5分)→会場

●新千歳空港方面から来る場合
新千歳空港→(特急列車約2時間)→帯広駅→(帯広駅前発シャトルバス5分)→会場

《列車》
札幌方面から→(特急列車約2時間半)→帯広駅→(帯広駅前シャトルバス5分)→会場
新千歳方面から→(特急列車約2時間)→帯広駅→(帯広駅前シャトルバス5分)→会場
旭川方面から→(特急列車約3時間40分)→帯広駅→(帯広駅前シャトルバス5分)→会場
函館方面から→(特急列車約6時間40分)→帯広駅→(帯広駅前シャトルバス5分)→会場
釧路方面から→(特急列車約1時間30分)→帯広駅→(帯広駅前シャトルバス5分)→会場

※上記の場合、シャトルバスの代金(往路のみ)は大人200円 子供100円

《車》
札幌都心から→(道東自動車道約3時間20分)→帯広広尾道芽室帯広IC→(一般道1分)→芽室帯広IC付近特設駐車場→(シャトルバス20分)→会場
新千歳空港から→(道東自動車道約2時間50分)→帯広広尾道芽室帯広IC→(一般道1分)→芽室帯広IC付近特設駐車場→(シャトルバス20分)→会場
室蘭方面から→(道東自動車道約4時間)→帯広広尾道帯広川西IC→(一般道5分)→北愛国交流広場特設駐車場→(シャトルバス20分)→会場

※東芽室基線シャトルバス(往復あり)の代金は片道大人400円 子供200円
※北愛国シャトルバス(往復あり)の代金は片道大人500円 子供250円

花火会場周辺に駐車場がないので気をつけてください。

また、当日は道がとても混み合います

午前中から徐々に帯広市内に人が多くなり、午後には国道38号は渋滞気味になります。

お出かけの際はぜひ時間に余裕を持ってお越しください。

例年の様子

勝毎花火大会はライブ感覚で楽しめるショーのような花火が魅力です。

プログラムは年によって変わっているようなので今までの様子をご紹介します。

勝毎花火


出展:https://machi-bar.jp/%E5%8B%9D%E6%AF%8E%E8%8A%B1%E7%81%AB%E5%A4%A7%E4%BC%9A

 出展:http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/event/event_detail?id=1766


出展:http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/event/event_detail?id=1766

 出展:http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/event/event_detail?id=1766


出展:http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/event/event_detail?id=1766

出展:http://sk-imedia.com/kachimaihanabi-1955.html

出展:http://sk-imedia.com/kachimaihanabi-1955.html

まとめ

勝毎花火大会は例年20万人以上の人出があるビッグイベントです。

普段はおだやかな帯広の街も人であふれかえります。

行きも帰りも移動だけでクタクタになりますが、それ以上に花火の迫力は圧倒されるものがあります。

今年の夏の思い出の1ページにぜひ加えてみてください。

スポンサーリンク