みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

打ち上げ数が多い2016花火大会開催日とみどころ情報【関東編】

      2016/06/10

夏の風物詩といえば花火大会ですね。

全国各地で様々なお祭りに合わせて花火大会が開催されます。

出典:http://photowork.jp/muto/?p=382

出典:http://photowork.jp/muto/?p=382

最近は事故があったり、協賛金が集まらずに中止になるケースも増えてきていますが、花火大会を実施することで非常に盛り上がりますし、地域の活性化を考えると是非開催してほしいと思っています。

以前関西エリアの大きな花火大会をご紹介しましたが、今回は同様に打ち上げ花火の数が多い順番に関東の2016年花火大会の情報をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

隅田川花火大会

開催予定日:平成28年7月30日(土)
打ち上げ数:約2万発

出典:http://taro921.exblog.jp/12008815/

出典:http://taro921.exblog.jp/12008815/

関東の花火大会といえば、やはり隅田川の花火大会ではないでしょうか。

テレビ局が協賛していることもありニュースでも取り上げられていることが多いし、実施場所もアクセスが良いので、人出も最も多い花火大会です。

隅田川花火大会は、混雑を避けるために会場が二つに分かれて、第一会場、第二会場でそれぞれが約1万発を打ち上げて夏を盛り上げてくれます。

関東エリアに住んでいるなら是非一度は訪れて観覧したいものです。

葛飾納涼花火大会

開催予定日:平成28年7月26日(火)19;20~20:30
開催場所:葛飾区柴又野球場
打ち上げ数:約1万5千発

出典:http://www.rurubu.com/season/summer/hanabi/detail.aspx?SozaiNo=130001

出典:http://www.rurubu.com/season/summer/hanabi/detail.aspx?SozaiNo=130001

寅さんや両さんでおなじみの東京都葛飾区。この葛飾でも大きな花火大会が実施されています。

葛飾納涼花火大会は江戸川の河川敷で実施され、最寄り駅からも近く便利な場所ですし、露店も出ていますので食事の心配もありません。

平日に実施されますから、サラリーマンやOL、カップルの方が多いです。

江戸川区花火大会

開催予定日:平成28年8月6日(土)19;15~20;30
会場:江戸川河川敷

出典:http://lifepages.jp/edogawakuhanabitaikai-4447

出典:http://lifepages.jp/edogawakuhanabitaikai-4447

花火大会を開催する場所として、安全面や観覧のことを考えると河川敷がベストですね。

江戸川区花火大会も江戸川の河川敷で実施されます。普通、花火大会ではクライマックスが見どころですが、江戸川花火大会の場合はそのオープニングを是非見てもらいたいです。

なんと5秒間に約1,000発の花火を打ち上げるのです!この迫力はすごいです。「つかみはOK!」です(笑)。

スポンサーリンク

 

足立区の花火大会

開催予定日:平成28年7月23日(土)19;30~20;30
会場:荒川河川敷
打ち上げ数:約1万3千5千発

出典:http://photohito.com/photo/3592227/

出典:http://photohito.com/photo/3592227/

荒川沿いの河川敷で行われる花火大会です。
荒川の河川敷といえば金八先生を思い出しますが・・(笑)

花火会場はJR線や東武線から近くアクセスが近く、しかも河川敷の観戦エリアを広く摂っているので、花火大会でありがちな混雑を比較的避けてゆったりと見ることができますので、それが人気で人出も非常に多いです。

世田谷区たまがわ花火大会

開催予定日:平成28年8月20日(土)
会場:世田谷区立二子玉川緑地運動場
打ち上げ数:約1万2千発

出典:https://blogs.oracle.com/tkudo/entry/setagaya_city_tamagawa_fireworks_2007

出典:https://blogs.oracle.com/tkudo/entry/setagaya_city_tamagawa_fireworks_2007

東京世田谷区と神奈川県川崎市の間を流れる多摩川の河川敷で行われるたまがわ花火大会。

この花火大会の特徴は世田谷区の花火大会と、向こう岸の川崎の花火大会が同時開催されるということです。

この二つのエリアで行う花火大会を一緒にみることができ、合計で約1万2千発の実K事な打ち上げ花火を観覧できるのです。

場所的にもアクセスの良いところなので人出も50万人を超える人気の大会です。

まとめ

2016年関東エリアの花火大会の日程等についてご紹介してきました。

当然、これら以外にも各地で様々な規模の花火大会を行っていますが、今回ご紹介した花火大会は規模も大きく、人出も非常に多いです。

混み具合、アクセス方法、穴場スポット等を事前に調べた上で、行かれた方が賢明かもしれません。

又、雨天の場合中止や延期の花火大会もありますので、各自治体の公式ホームページを確認するようにしてください。

打ち上げ数が多い花火大会2016開催日とみどころ情報【関西編】

スポンサーリンク