みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

困った!メガネのネジがゆるんできた時にまずすべき事とは?

      2016/08/23

メガネがゆるんでずれ落ちてきて、困ることはありませんか?

出典 https://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/11/14/20/21/woman-531212__180.jpg

出典
https://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/11/14/20/21/woman-531212__180.jpg

今回は、そんな時の対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

 

メガネはなぜゆるんでくるの?

メガネがゆるむ原因は、ネジのゆるみ以外にも、ネジそのものが擦り切れて古くなっていたり、フレームの開きや劣化など、さまざまなものがあります。

1.メガネ屋さんで直してもらう

これが一番確実な方法ですね。

原因が分からないまま、自分でいじりすぎて、メガネを壊してしまうともったいないですよね。

出典 http://yamakee.exblog.jp/12583756/

出典
http://yamakee.exblog.jp/12583756/

購入したお店に持っていくのがベストですが、遠方でなかなか行けない時は、近くにあるメガネ屋さんでも対応してくれます。

基本的には無料ですが、部品の交換が必要になると、有料になる場合もあります。

また、部品の在庫がなく、取り寄せることになると、メガネが手元に戻ってくるまでに数日かかることもあります。

 

2.自分でネジをしめ直す

明らかにネジがゆるんでいるのが分かったけど、メガネ屋さんに行く時間がないこともありますよね。

そんな時には、自分でしめることもできます。

出典 https://image.shutterstock.com/display_pic_with_logo/321556/356367854/stock-photo-repair-eyeglasses-356367854.jpg

出典
https://image.shutterstock.com/display_pic_with_logo/321556/356367854/stock-photo-repair-eyeglasses-356367854.jpg

メガネ用の精密ドライバーでネジをしめるだけなので、とても簡単です。

ポイントは、ネジのサイズにあったものを使うことですが、大きさが合わないドライバーを使うと、ネジの頭が潰れて調整が難しくなります。

また、ネジをしめる時は、力を入れすぎないように、しめすぎに注意してください。

しめこんでいく前に、少しだけゆるめてから、ゆっくりとしめていくと、いっかりしめることができます。

しっかりしめても、数日経つと、ゆるんできてしまうこともありますよね。

そんな時は、もっとしっかりしめる方法を試してみてはいかがでしょうか。

①いったんネジを抜く
②ネジの先に、ゆるみ止め液をさす。
③ネジをしめる

上記のゆるみ止め液は、ガムテープなどの粘着部分をつけても代用できます。

以上、2つの対処法をご紹介しました。

どちらも、少しの労力でできることですよね。

出典:http://megane-eye.com/new/2009/12/11/2010arch.html

出典:http://megane-eye.com/new/2009/12/11/2010arch.html

ただ、ドライバーも手元にないし、近くにメガネ屋さんもなくて、早くなんとかしたいと思うことはありませんか?

筆者は、メガネのずり落ち方がひどくなり、今すぐそれを解決したいと思い、ある方法を思いつきました。

スポンサーリンク

 

メガネのずり落ちの応急処置

以下は、太いセルフレームでの対処法です。

①長さ10cmほどのゴムひもを2本用意する。
②ゴムひもを、ツルの先端から2cmほどの箇所にそれぞれ結びつける。
③メガネをかけた状態で、それぞれのゴム紐の先端を、合わせて結ぶ。

ゴムひもを強く結びすぎると、鼻のパッドが押し付けられて圧迫感があります。

少しゆとりを持たせて結ぶのがおすすめです。

こうすると、長時間経ってもずり落ちてこないので、とても快適です。

ただ、見た目が良くないのと、根本的な解決にはならないので、ドライバーを購入するか、メガネ屋さんに持っていくのが最善です。

メガネのゆるみを防ぐ方法は?

時間が経てば、丁寧に扱っていても劣化してくるのは避けられません。

それでも、少しでも長く快適なかけ心地をキープするために、気を付けるポイントをご紹介します。

・掛け外しは、必ず両手で行う
片手で行うと、ツルが広がって傷んでしまいます。

・車内に置きっぱなしにしない
セルフレームや、プラスチックレンズは、熱に弱く、特に夏場の屋外に停めた車内は高温になるため、劣化やひび割れが起きやすくなります。

金属製のフレームでも、熱が加わることで、ゆがんでしまうこともあるので、絶対にメガネを車内に保管するのは避けてください。

メガネ屋さんでは、調整や各パーツの状態をチェックしてくれたり、洗浄もしてくれるので、自分で手入れをしている方も、たまに持って行って状態を点検してもらうといいですね。

スポンサーリンク