みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

3年前に始まった富士山女子駅伝

      2016/01/04

男子の大学駅伝は、10月の出雲駅伝、11月の全日本大学駅伝、1月の箱根駅伝(正式には東京箱根間往復大学駅伝競走)とメジャーで有名ですが、女子の大学駅伝はそこまで有名ではありません。

10月には歴史のある第33回杜の都全日本大学女子駅伝が仙台で行われ、
京都の立命館大学が2位の大東文化に約3分離すダントツで優勝しました。

そして、女子の大学駅伝として、もう一つ大きなレース、全日本大学女子選抜駅伝競走があります。
こちらの駅伝の歴史は浅く、最初に開催されたのは2004年です。

その後埼玉県や茨城県で開催されていたのですが、主催者であったテレビ東京が主催もスポンサーも降りてしまったことからしばらくの間休止となっていました。

マイナー駅伝である理由はここにあるかもしれませんね。
その後富士山が世界文化遺産に登録されたことから静岡県の富士宮市、富士市から招致を受け、2013年12月23日に新たに富士山駅伝として復活することになりました。

ですので今年で3年目ですが、今年からは年末の12月30日に開催されます。

スポンサーリンク

テレビ中継もフジテレビが中継しているのですが昨年までは録画中継だったのをことしから生中継することになったようです。
一つの駅伝を開催するのに大きな支援と協力が必要であることをこの駅伝を通して再確認しました。

断然の強さを誇っているのが杜の都全日本大学女子駅伝で優勝した立命館大学ですね。
この大会が開催されてから連続優勝を続けています。

スポンサーリンク

一時期は同じ京都の佛教大学も強かったようですが、そのほか上位常連校が名城大学、松山大学、大東文化大学等も今年も出場しています。

富士山をバックに走り抜ける彼女たちの走りに注目したいと思います。