みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

2016夏の甲子園!高校野球の大会日程は何時から何時まで?

   

夏といえば、海、プール、花火大会等、様々なイベントをイメージしますが、スポーツ好きな人はまず「高校野球選手権大会(夏の甲子園)」を思い出すのではないでしょうか。

出典:http://www.asahi.com/koshien/95/miyazaki/news/SEB201305100018.html

出典:http://www.asahi.com/koshien/95/miyazaki/news/SEB201305100018.html

NHKや朝日放送でプレイを実況してくれますが、朝日放送の「君よ8月に熱くなれ!」という応援歌?を聞くと、“ああ~夏だ~“と思うのは私だけではないはず・・・。

そんな夏の甲子園2016の組み合わせ抽選や日程、強豪校などの情報をお知らせします。

スポンサーリンク

 

2016夏の甲子園日程は?

全国高校野球選手権大会は第98回を迎えます。

開会式:平成28年8月7日(日)

今年の大会日程は8月7日(日)から15日の期間で行われます。

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/全国高等学校野球選手権大会

出典:
https://ja.wikipedia.org/wiki/全国高等学校野球選手権大会

現在は選手の身体のことも考えて、準々決勝の翌日は休養日となっていますが、これを含めて15日間となっています。

熱い戦いを今年も期待したいですね。

さて、夏の甲子園の出場校は、47都道府県の代表となっています。

しかし、実際に出場する高校は49校で、これは北海道と東京の代表が2校づつ出場することによるものです。

学校数が多い北海道が北北海道代表と南北海道代表、東京が西東京代表と東東京代表で、それぞれ2校づつ出場します。

まずそれぞれの地方のエリアで優勝しなければ出場できない夏の甲子園は、春のセンバツ高校野球と違って一発勝負的なものがありますね。

そして、勝ち上がってきた出場校49校による組み合わせ抽選会が8月4日(木)に行われ、トーナメント方式で戦いが始まります!!

2016夏の甲子園有力校は?

夏の甲子園は各地方を勝ちあがって優勝したチームですから、強豪校ばかりです。

しかし、その中でも力のある高校について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

【北海道地区】
旭川実業・白樺学園(北北海道)、北海・東海大四(南北海道)

【北信越地区】
星稜(石川)、新潟明訓(新潟)、富山第一(富山)、敦賀気比(福井)

【関東地区】
・常総学院(茨城)、前橋育英・健大高崎(群馬)、作新学院(栃木)、関東一(東東京)、早稲田実業・日大三(西東京)、横浜(神奈川)、東海大甲府(山梨)

【東海地区】
東邦・中京大中京(愛知)、中京・県岐阜商(岐阜)

【近畿地区】
滋賀学園(滋賀)、龍谷大平安(京都)、大阪桐蔭・履正社(大阪)、報徳学園(兵庫)、智辯学園・天理(奈良)、智弁和歌山(和歌山)

【中国地区】
開星(島根)、倉敷工(岡山)、如水館(広島)、南陽工(山口)

【四国地区】
高松商業(香川)、済美(愛媛)、鳴門(徳島)、明徳義塾(高知)

【九州地区】
九産大九州(福岡)、佐賀商(佐賀)、海星(長崎)、大分(大分)、日南学園(宮崎)、鹿児島実業・神村学園(鹿児島)、八重山・興南(沖縄)

独断と偏見で有力校をあげてみました。

出典:http://www.47news.jp/sports/hibaseball/2011/07/post_20110717155223.html

出典:http://www.47news.jp/sports/hibaseball/2011/07/post_20110717155223.html

この中には常連校も多いですが、他の高校も甲子園目指し、実力をどんどんつけているので何が起こるかわかりません。

まずは6月25日から始まる南北海道大会を皮切りに、地方大会が続いていきます。雨天延期の影響もありますが、7月中に49校全てが出揃います。

今年も地元の高校を中心に球児の活躍を応援したいと思います。

スポンサーリンク