みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

夏の登山を甘くみるな!初心者山ガールのための初登山克服法

      2016/02/09

tozan01
春や夏の登山は冬のそれと比べると気候的にも難度的にもより行き易くなるので、はじめて登山にチャレンジしたい、景色を楽しみながらの山歩きをしたい、という方におすすめのスポーツです。

ただ、あまりにも夏の山を甘く見すぎて、薄着で登ったり、ひどい人はパンプスや革靴なんかで登っている人も見かけたりします。

夏の登山とは言え、危険性が全くないわけでもなく、登るための心構え、準備が必要です。

スポンサーリンク

 

今年こそは夏の登山にチャレンジしたいという方に、初めての登山が成功するように最低限必要な知識やおすすめの山、必須アイテム等のポイントをご紹介したいと思います。

①山選びのポイント

出典:http://kornblume.exblog.jp/

出典:http://kornblume.exblog.jp/

はじめて登山にチャレンジする方は、まずはどんな山に登るかという点が大切です。

ガイドブックやインターネットなどの情報を見たり、もし友人・知人に登山の経験者がいれば相談するのもいいです。

スポーツイベント会社が主催するトレッキングツアーに参加するのもおすすめです。

最初は、登山口から頂上まで300~400メートルぐらいで、且つ歩行時間が2~3時間程度のコース、又、登山道が整備されている山をさがすようにしてください。

 

初心者におすすめの山

スポンサーリンク


「関東編」

・高尾山(東京都八王子市)
http://www.takaotozan.co.jp/index.htm
・高水三山(東京都青梅市)
http://www.alternative-tourism.com/Japan/Mountaineering/Day_walks/Okutama/Takamizu.html
・表丹沢(神奈川県秦野市)
http://www.kankou-hadano.org/hadano_mountain/mountain_top.html

「関西編」

・大台ケ原(奈良県上北山村)
http://vill.kamikitayama.nara.jp/kanko/tanoshimu/odaigahara/
・須磨アルプス・六甲山(兵庫県神戸市)
http://www.city.kobe.lg.jp/information/public/online/rokkosanpo/model_course/a04/・金剛山(大阪千早赤阪村・奈良県御所市)
http://www.chihayaakasaka.org/tourism/j_kongo.html

②夏の登山でも選ぶウェアのポイント

夏だからと言ってTシャツと薄手のシャツ・・・。

そんな格好で行かれる方も時々見かけますがこれは危険です。

山の頂は想像以上に気温が低く服装には十分注意が必要です。

出典:http://www.alpen-route.com/information/advice_clothes.html

出典:http://www.alpen-route.com/information/advice_clothes.html

登山時の服装は「3レイヤー」といって、3つの衣類を重ね着して登るのが基本になります。

又、アフターレイヤーは上着だけでなくズボンも履くことになりますが、軽くて動きやすいものを選びましょう。

②夏の登山でも選ぶウェアのポイント

夏だからと言ってTシャツと薄手のシャツ・・・。そんな格好で行かれる方も時々見かけますがこれは危険です。

山の頂は想像以上に気温が低く服装には十分注意が必要です。

スポンサーリンク

 

登山時の服装は「3レイヤー」といって、3つの衣類を重ね着して登るのが基本になります。

 ①ベースレイヤー・・・いわゆる肌着です。登山は大量に汗をかくので、素早く吸収して乾燥するような、高機能のアンダーウェアが必要です。最も重要なウェアとも言われており、吸収性と速乾性に長けたシャツを選びましょう。パンツもストレッチ性に優れたものを履きましょう。

②ミドルレイヤー・・・防寒の準備をしていても登山は運動量が多く、とても暑くなったりしますので、丸首のレイヤーではなく、首元を開くことができるボタンシャツやジップアップシャツを選んだほうがいいです。基本的には保温性やストレッチ性の高いシャツがおすすめです。

③アウターレイヤー・・・防水、防風の役割を果たすウェアです。ゴアテックスと呼ばれる防水性の高いハードシェルジャケットと、機能性を残したまま薄手で軽く動きやすさを重視したソフトシェルジャケットがあります。
又、アフターレイヤーは上着だけでなくズボンも履くことになりますが、軽くて動きやすいものを選びましょう。

出典:http://www.alpen-route.com/information/advice_clothes.html

出典:http://www.alpen-route.com/information/advice_clothes.html

夏の登山のまとめ

初登山を気持ちよく成功させて次回につなげていくためは、まずは①比較的優しい山を選定すること、そして②適切な服装で登山に挑むこと、この2つが最低限必要なポイントになります。

最近は機能性だけでなく、おしゃれなデザインの登山服も販売されています。登山用品専門店や大手スポーツ店で販売員に相談しましょう。

又、登山に入る前には必ず「登山届」を作成し、山を管轄する警察や機関、登山口に設置されているポスト等に投函しましょう。