みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

家庭用ビニールプールで気を付けたい事!お手入れ保管方法は?

      2016/05/24

お子さんがいるご家庭で夏に欠かせないアイテムといえば家庭用のビニールプールですね。

お庭やベランダで手軽にプールを楽しめる為、お家にいながらもお子さんは大はしゃぎ。

遠くにお出掛けをすることなく喜ぶ子たちを見守ることができ、お父さんお母さんにもうれしいアイテムです。

家庭用ビニールプールはひと昔前まで円形のシンプルなタイプが主流でしたが今では形、サイズ、機能性などバリエーションも豊富に販売されています。

今日はそんな家庭用プールの人気商品とお手入れの仕方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

家庭用ビニールプール人気商品3選

①空気を入れなくてもいいお手軽タイプ
出典 http://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/uploads/2015/06/26215650/340843325b1c7e0861e3d33bbfcf86c8-480x231.png

出典
http://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/uploads/2015/06/26215650/340843325b1c7e0861e3d33bbfcf86c8-480×231.png

ビニールプールといえば空気を入れて使うものが多い中、お水を入れるだけで側面が安定しプールになるタイプが人気です。

準備に手間がかからず、またサイズもベランダにおいても場所を取りすぎないサイズ感。

さらに価格もリーズナブルな点が人気の理由です。ただこちらのタイプはプールのふちに寄りかかったりできないため小さいお子さんの水遊びくらいの運動量が限界なようです。

 

②屋根付きのプール!!
出典 http://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/uploads/2015/06/26165126/71mnsburtbL._SL1280_-480x480.jpg

出典
http://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/uploads/2015/06/26165126/71mnsburtbL._SL1280_-480×480.jpg

今ではビニールプールに屋根付きは当たり前!!といってもいいほど多く販売されています。

冷たいプールに入っていても強い日差しを浴び続けていては熱射病になってしまうこともあるのでお庭などでプールをする際は屋根付きを選ぶとよいでしょう。

 

③滑り台付き!!
出典 http://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/uploads/2015/06/26164228/41Zcz-6USCL-480x423.jpg

出典
http://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/uploads/2015/06/26164228/41Zcz-6USCL-480×423.jpg

なんとこちらは滑り台付き!!このほかにもプールが二連になっていたリ、シャワーがついていたりとまるでアスレチックのようなプールも人気です。

おうちに居ながらおもいきり水遊びできてしまうなんて最高ですね。

スポンサーリンク

 

おうちプールの手入れ方法

①水は毎日替える?
出典http://www.city.izu.shizuoka.jp/big/p2431_1.jpg

出典http://www.city.izu.shizuoka.jp/big/p2431_1.jpg

おうちでのプールはお手軽ですが気になるのは水道代ですね。

プールでは思いのほかたくさんのお水を使います。

中にはお水を替えずに何日か使う方もいらっしゃいますが、衛生上のことを考えるとお水は毎回新しく替えたほうがいいと思います。

外にプールを出しっぱなしにしておくと

・蚊が寄ってきて卵を産んでしまい、蚊が出やすくなる
・プールに虫やゴミが入ってしまう。
・プールの底にぬめりが出てしまう

など問題が出てきます。

「ぬめり」というのは雑菌です。

プールではいくら気を付けていても砂やほこりが入ってしまったり、子供たちの汗や、赤ちゃんなら中でおしっこをしてしまっている場合もあります。

水遊びの後は雑菌が繁殖しやすい状態なので次の日には持ち越さないようにしましょう。

プールで使ったお水は庭に撒いて打ち水にしたり植物にあげるなどすれば無駄になりません。

 

②保管方法

プールシーズン中はプールが終わったら水を抜き、軽く洗い流して立てかけて乾燥させます。

ビニールの性質上、乾燥したらガレージや倉庫、室内など日陰に保管しておくと劣化を防ぐ事ができます。

シーズンが終わったら空気を抜き、丁寧に洗ってしっかり乾燥させ、たたんで保管します。

たたむ際に濡れているとかびの原因になりますし、くっついてしまい来年ひらく際に破れてしまう可能性があります。

しっかり乾かしてからたたみましょう。

ベビーパウダーをつけてからたたむとくっつき防止になります。

いかがでしたか。

出典http://www.address.co.jp/pool/images/shohin/74S.jpg

出典http://www.address.co.jp/pool/images/shohin/74S.jpg

今日はビニールプールの人気商品とお手入れについてご紹介しました。

デザインも機能性も進化したビニールプールで今年の夏はおうちプールを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク