みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

クルマ買い取り一括査定を体験してわかった事とは(Part2)

   

前回の記事で、インターネットを使って車買い取りの一括査定というものを依頼した時の最初の電話のやり取りや業者の対応等の実際を紹介ました。

電話対応だけでも大変でしたが、実際に車を実査定する時も色々と大変でしたので、その時の様子をご紹介しますので、今後買い取り括査定を利用される方へ参考になれば良いなあと思っています。

スポンサーリンク

査定日当日の業者の動き

前回の記事で、最終的には4社の買い取り業者に自宅へ来てもらって実査定をすることになったことを紹介しました。

で、その当日・・・。

(業者B)
”○○さん、こんにちは。今日はお時間をとっていただきありがとうございます。少し早く到着したものですから・・・”
(私)
”あっ、こんにちは。よろしくお願いします”

予定の時間よりも30分も早く到着。即買い取り契約をしようとしているのだろう・・

(業者B)
”では早速実査定をさせていただきます。車検証はグローブボックス内ですか?終わり次第お声をかけさせていただきますのでご自宅で待機しておいてもらって結構です。”
(私)
”わかりました。よろしくお願いします。”

 30から40分ほどで査定終了。

car004

(業者B)
”本日はありがとうございました。ご主人、希望買い取り額というか、実際どの位の金額だったら売却されますか?”
(私)
「これが営業トークか・・・。これに乗ってはイカン・・・」と思いながら、
”ちょっとわからないな。4社来てもらうから、それぞれの査定額を聞いてから一番高い業者に売却したいな。”
(業者B)
”そうですよね。ただ、私は一番最初に来ていますので不利な状況です。どうしても後出しジャンケンの方が有利です。ですから、ご主人の希望額を聞いてそれに私どもができる最大の金額を付けさせてもらいますので、どうかお願いします。ディーラーの下取り金額はいくらでしたか?それだけでも教えてください”
(私)
”ディーラーでは○○円だったけど、どうかな。もっと行けるのかな?”
(業者B)
”もちろん頑張ります。ちょっと本部と相談しますのでお待ちください。”

しばらく間をおいて・・・

(業者B)
”ご主人、この車種を探しているお客さんがいますので、是非当社で買い取らせてほしいです。本部からもギリギリの金額まで出してと言われていますので、158万円でいかがですか。
(私)
”・・・・(おっー!ディーラーよりも13万くらい高い!決めてしまおうかな・・・)。でも、今から3社来るしね~。まだ決めることはできないなあ。”
(業者B)
”もし良かったら他の業者への断りは私の方で対応しますよ。電話を変わってもらえば対応します。”
(私)
”・・・(結構強引やなあ)。でも悪いから3社とも聞いてみるわ。で、もしあまり差がなかったらお宅が一番に来てくれたしお宅に決めるわ。”
(業者B)
”いや、おそらく他の業者も大差はないと思います。あとは他の業者の価格を聞いて少しでも上乗せしてくると思うので、それでは私どもは不利なんで。是非今決めてもらえませんか。もう一回本部と相談しますので・・・・”
・・・・
(業者B)
”お待たせしました。本部の方も是非欲しいとのことで、あと2万円上乗せしますとのことです。是非お願いします。”
(私)
”そうですか・・そこまで頑張ってくれるのであれば・・・”

と、そこに業者Aが到着。寸前まで行くも一旦業者Bとは決別、また連絡するとのことで今度は業者Aと対応する。
(業者A)
”こんにちは。この度はありがとうございます。ひょっとして先ほどの業者さんとある程度の話は進みましたか?”
(私)
”いや、もう決めようと思った時にあなたが到着されたので契約までは進んでいません・・・”
(業者A)
”あ~、早めに来て良かったです。そうなんですよ。やっぱり一番最初に話をしたほうが有利に持っていけるんですよ。では私どもの方でも査定をさせていただきます。”
(私)
”よろしくお願いします”

30分ほどで査定終了。

car009

(業者A)
“ありがとうございました。キレイに乗られていますね。ちょっと今本部の方に査定情報を入れていまして連絡待ちの状態です。ちなみに先ほどの業者の買い取り価格はいかがでしたか?”
(私)
”それはちょっと言えません。公平じゃないので・・。お宅の目一杯の査定額を教えてください。
(業者A)
”わかりました。あの~、今回新車への乗り換えですよね。基本的に契約となったらすぐに車を引き上げると思いますが、その間車は無くても大丈夫ですか?”
(私)
”・・・(そういえば代車のこと言ってなかったな)。いや、妻が平日も車使うので必要ですね。”
(業者A)
”私どもは代車も提供できます。もし契約となったら車はすぐに引き上げますが、その代わりに代車もすぐに持ってきます。”
(私)
”わかりました。”

と言っている間に業者CとDがほぼ同じ時間帯に到着。

(業者C)、(業者D)
”こんにちは。本日はありがとうございます。早速査定をさせていただきます。”
(私)
”既に2社の業者が査定をしていますが、よろしくお願いします。”

ん~。結局はほぼ同じ時間帯に4社の業者が査定。(うち1社 業者Bは近くで待機しているようでした)。

この間、全ての買い取り価格が出たときにどういった対応をしようか、単純に査定額の高い業者を選ぶか、それとも代車等のサービスを優先するか、それとも再度個別に価格交渉をするか・・・・その時点では結構面倒で、私の心理状態はもうどこでもいいわって感じでした。

スポンサーリンク

 

最終どこに買い取ってもらったかは次の記事へ。

ネットから一括査定を申し込んで電話でやりとりした様子の記事はこちら