みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

コレも採用ポイント?!就職活動を成功に導くメールアドレスの決め方

   

2017年3月に卒業する学生さんの選考開始時期が8月から6月に前倒しになりました。

これは経団連の加盟企業を中心に決められていますが、企業によってはもちろんそれ以前から選考するところもあります。

saiyou01

一方で、採用情報の公開は従来と変わらず3月ですので、その分企業の選択や試験対策、エントリーシートの作成などの時間が短くなります。

売り手市場とは言われていますが、できるだけ早めに対応した方がよさそうです。

そんな就職活動の中で、企業の連絡には欠かせないツールとなったメールアドレスについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

就活用にメールアドレスは取得すべき?

マイナビやリクナビでの登録や、企業とのやり取りの中で、メールアドレスは必須になっていますが、プライベートや大学等で使っているメールアドレスを使っている方も多いかと思います。

採用メール

しかし、できれば就職活動用のメールアドレスを取得して、就職関連のみに使うことをおすすめします。

就活中はとても大事なやり取りのメールもでてきますので、プライベートのアドレスと一緒に使っているとそれが混ざって見逃してしまう可能性があります。

又、ニックネームやプライベート用にアレンジしたかわいい署名や差出人を設定している場合、それが企業等へ送付される可能性もあり、社会人としてのマナーができていないと判断されてしまいます。

携帯メールでもいい?フリーメールでもいい?

携帯電話会社のメールアドレスは連絡先として登録するのはいいのですが、情報のやりとりする場合には避けた方が良いです。

パソコンで受信しないと見られないようなファイルが添付されたりする場合もありますのであまりお勧めできません。

ヤフーやグーグルなどの「フリーメール」って失礼じゃないの?と心配されている学生さんも多いようですが、問題はありません。

ただ、フリーメールの場合は、メールによって勝手に迷惑メールと判断して、迷惑フォルダに振り分けられて見逃してしまう場合もまれにありますので注意が必要です。

今後変更する予定がなければ、インターネットプロバイダから付与されたメールアドレスを使うのもいいと思います。

 

スポンサーリンク

 

メールアドレスのアカウント名でセンスが見られる?

採用

メールアドレスのアカウント名(@マークの前の部分)は自分で決めることがほとんどですが、就職用のアカウント名については、自分の名前を使うのが良いです。

迷惑メール対策で英数字をランダムにしたようなアドレスは印象を悪くしますので、人事担当者のことも考えても名前をアカウントにした方が賢明です。

ただし、名前が同姓同名等ですでに使われているようであれば、誕生日や電話末尾番号等の数字を入れるといいです。

 

メールの署名にも気を付けよう

メールを書く際には最初に自分の名前を名乗りますが、文章の最後に署名をつけるのが常識となっています。

文章の後に、シンプルに名前だけ表示するのも間違いではありませんが、できればメールソフトの署名作成欄に就活専用の署名を作っておいた方が良いです。

署名欄には、以下3つの内容を記載します。

・漢字でフルネーム署名と合わせてアルファベットで表示(名前の読み方を示す)
・連絡先電話番号(携帯電話が良い)
・就活用メールアドレス

 

saiyou04

まとめ

就職活動を始めてから、企業とのやりとりを開始する連絡手段としてまずはメールが使用される場合が多いです。

案外あまり気にしていなかったことかもしれませんが、メールアドレスにも少し気を使って、その後の就職活動が順調に進むようなきっかけとなるようにしたいものです。

スポンサーリンク