みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

これが心筋梗塞の前触れ?こんな人は注意が必要です。

   

sinkinkousoku01
心筋梗塞って50歳以上である程度年齢を重ねた方がなる病気と思っていましたが、最近は40歳代、早ければ30歳代に突然やってくる場合もあるようです。

プロサッカー選手のようなスポーツマンや女優として活躍している方、若手アナウンサー等、心筋梗塞には全く縁がないような感じの有名人もそれが原因で亡くなったり、しばらく休養していたりということもありました。

“自分はまだ若いから心筋梗塞なんて大丈夫だ“という固定概念は捨てた方がよさそうです。

今回は、そんな怖い病気「心筋梗塞」について、特に若い方に出る前兆や前触れにはどんなものがあるか調べました。
併せて予防策、防止策についても考えていきたいと思います。

心筋梗塞って?

出典:http://www.minnanokaigo.com/guide/disease/myocardial-infarction/

出典:http://www.minnanokaigo.com/guide/disease/myocardial-infarction/

心筋梗塞という病名はよく聞きますが、具体的にはどんな病気なのかご存知でしょうか。

簡単に言いますと、血管(冠動脈)が詰まって心筋へ流れる血液が止まり、同時に酸素と栄養素の流れも止まってしまうので、心筋が壊死してしまうことで起きます。

又、生活習慣の乱れが引き起こす動脈硬化が進行してなる場合もあります。

よく勘違いされているのですが、狭心症と心筋梗塞は似て非なる症状で、狭心症は動脈硬化で血管内が狭くなる状態ですが、心筋梗塞の場合は血液が固まって血栓ができ、血液の流れが止まった状態を示します。

スポンサーリンク

 

これが心筋梗塞の症状です

心筋梗塞は比較的突然起こることが多いです。特に気温が低い冬場や早朝等に起こることが多いです。

症状としては、

出典: http://healthil.jp/15712

出典:
http://healthil.jp/15712

・胸に痛みを覚える
・吐き気や冷や汗がでる
・呼吸がしにくくなる

 
今まであまり経験したことにないような感じの症状であれば心筋梗塞を疑う必要があります。

この場合、すぐに救急車を呼んで対応すべきです。

心筋梗塞は処置が遅くなればなるほど命を落とす可能性が高くなります

スポンサーリンク

 

心筋梗塞になりやすい方

心筋梗塞になりやすい方の特徴として、喫煙者、糖尿病、高血圧、肥満体型等があり、これらに当てはまると感じる方は普段から注意が必要です。

出典: http://matome.naver.jp/odai/2143285628175457501/2143285831677115103

出典:
http://matome.naver.jp/odai/2143285628175457501/2143285831677115103

更に、睡眠不足や疲労の蓄積、ストレスなどが引き金となって心筋梗塞につながる場合があります。

突然胸部に激しい痛みが発生してそれが10分以上続いたり、動悸、息切れ、冷や汗、めまい等を伴う場合は、心筋梗塞の前兆でもありますので注意が必要です。

心筋梗塞の予防法はあるのか?

心筋梗塞を100%予防することはできないかもしれませんが、その発症確率を極力抑えることは可能です。

スポンサーリンク

 

1.タバコは極力吸わない
2.定期的に運動を心がける
3.塩分、糖分、脂肪分を摂りすぎず、バランスの良い食事を摂る
4.睡眠を十分とる
5.ストレスをためない
6.高血圧や糖尿病の場合は生活習慣を変える
7.いつもと異なる胸痛を感じたらすぐに病院へ行く

心筋梗塞はその前兆段階で対応することで発症を回避することができます。

治療法としては薬物療法や冠動脈バイパス術などで、冠動脈を広げて血流を良くすることができます。

普段から健康的な生活を送ると同時に、前兆が出た場合はすぐに対応することが心筋梗塞を予防するポイントです。