みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

超簡単!旬のタケノコの簡単なあく抜き方法と美味しい食べ方

      2016/01/07

1出典:http://www.hisuinosato.com/misc/404.php

1出典:http://www.hisuinosato.com/misc/404.php

春の旬といえばタケノコですね。
“竹冠に旬”ということで漢字からもその美味しそうな感じが伝わってきます。
この時期にしか食べることができないという貴重な食材でもありますね。

この旬のタケノコを美味しく調理するための方法について調べてみました。
タケノコの美味しさをより引き立たせるには“あく抜き”が大切なポイントです。

旨いタケノコの選び方

 出典:http://blog.goo.ne.jp/saramizuki/e/5f79d538718d1ca00474d03ecaf3f3de


出典:http://blog.goo.ne.jp/saramizuki/e/5f79d538718d1ca00474d03ecaf3f3de

美味しいタケノコは食べてみないと分からない・・・?

そんなことはありません。

普通タケノコは皮つきで販売されていますが、その状態で新鮮でおいしいタケノコを選別することができます。

①タケノコの表面には産毛のような細かい毛が出ていますが、この毛の艶が良いこと
②根元にある紫っぽいイボのようなものがある程度均等に並んでいること
③先っぽの穂先が小さく黄色っぽいもの。
④については、緑色のものが新鮮そうに見えますが、これは土の中から顔を出していない、一番いい状態で掘り起こしたタケノコの証拠です。

スポンサーリンク

 

あく(灰汁)抜きには米ぬか

タケノコのあく抜きは米ぬかを使う場合が多いです。
米ぬかを使う理由は、タケノコのえぐみを取り除く効果があり、米ぬかに含まれるカルシウムがえぐみを抑えてくれるのです。

そして米ぬかの脂肪分やアミノ酸がたけのこを柔らかくして旨みを一層息出すという働きがあります。
最近は米ぬかを保存している家庭は少ないですので、代わりにお米のとぎ汁を使っても同じような働きで美味しくなります

又、重層を使ってあく抜きする方もいらっしゃるようです。確かに重層は弱アルカリ性であくの成分を溶かす働きがありますので一度試してみてはいかがでしょうか。

あくの抜き方

出典:http://matome.naver.jp/odai/2141224083389023901

出典:http://matome.naver.jp/odai/2141224083389023901

ポイント① 穂先と根元のボツボツした固い部分を斜めに切り落とす
斜めに切り落とすことで切断面積が広くなりゆで汁が早く浸透して灰汁を取り除いてくれます。

ポイント② 縦に1本切り目を入れる
これも①と同様に、縦に切り目をいれることで切り口にゆで汁がしみこみやすいく、美味しいエグミのないタケノコを食すことができます。

ポイント③ 皮のままゆでる
タケノコの皮には灰汁を抑制してくれる働きがあるいます。ですので、皮はつけたまま湯がくのが基本です。

ポイント④ ゆでる時は水の中に
タケノコをゆでる時はまず水の中に入れてから沸騰させるという手順になります。沸かしたお湯の中にタケノコを入れてゆでると、外側の方と内側との茹で具合に差がでてしまいます。歯ごたえも悪くなりますので水から茹でます。

冒頭にお伝えしたように新鮮なタケノコを見分けて、且つしっかりとあく抜きができるようにしっかりと下処理ができれば、どんな食べ方であっても美味しいタケノコを食べることができます。

ゆでる時の注意点としては、米ぬかや米のとぎ汁をいれてゆでると噴きこぼれやすくなりますので、弱火でじっくりコツコツ湯がくようにしてください。

スポンサーリンク