みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

子供の白髪が気になる方へ。若白髪の原因と改善法

   

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/mana_70405791/42004172.html

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/mana_70405791/42004172.html

最近は小学校の高学年から中学生にかけての子供たちに白髪、若白髪が増えているそうです。

中にはまだ小学生にもなっていない幼児の白髪もあるようです。

私自身も中学生の頃に一時期白髪が出た経験もあり、振り返ると嫌な思い出になっています。
そもそも白髪はある程度高齢になってから出てくるものと思われていましたが、最近は若い世代にも増えています。

大人ならあまり心配しなくても良さそうですが、子供の場合はやはりその原因となっている事を取り除いて早めに改善してあげるべきだと思います。

そこで今回は、若い世代の白髪の原因やその予防策等について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

 

子供の白髪の原因とは

子供白髪の主な原因として、遺伝、食生活、ストレス、病気、生活習慣、などが挙げられます。

【遺伝】
出典: http://www.fabrynet.jp/fabry/fabry03.html

出典:
http://www.fabrynet.jp/fabry/fabry03.html

特に子どもの白髪や若白髪は遺伝性が高いと言われています。
海外の医学データでは白髪と遺伝に因果関係があると発表されています。

黒い髪の毛はメラニン色素が髪に送り込まれることによって作られるので、それが送り込まれにくいという体質が遺伝している可能性があると考えられます。

【食生活】

髪の毛は主にタンパク質からできていますので、タンパク質が不足すると白髪になりやすいです。
又、ミネラル成分の不足も影響するので、髪を黒くすると言われる亜鉛を多く取る必要があります。

【ストレス】
出典: http://healthil.jp/13996

出典:
http://healthil.jp/13996

子どもの社会でもストレスが発生しています。学校で、友達関係で、何か悩んでいる様子はありませんか。
ストレスが直接白髪になるという因果関係は解明されていませんが、ストレスによって血の巡りが悪くなり髪の成長を妨げることには違いありません。

【病気】

まんべんなく白髪がある場合は特に心配ありませんが、もし1カ所に集中しているような場合は、メラニン色素生成の異常の可能性がありますので、そういった白髪状態であるときは病気を疑うべきです。
早めに病院(皮膚科)で診察を受けましょう。

スポンサーリンク

 

白髪を発見した時の対処法

もし自分の子どもに白髪が見つかったらショックですし心配ですね。

数本だけであれば一時的なものとして気にしないでもいいですが本数が多くなるとそれなりに対策が必要です。

ただ、数本であっても決して無理や抜こうとしないでください(ハサミで切ってください)。

①食生活を振り返える。
出典:http://www.oazo.com/category.php?cid=1

出典:http://www.oazo.com/category.php?cid=1

子どもに偏食はないか、嫌いなものを残していないか、お菓子やジュースを飲み過ぎてないか等、バランスのとれた食生活に見直すように心がけてください。

②ストレスをとってあげる。

子どもなりに軽い、重いにかかわらずストレスは持っています。勉強はついていっているか、友達とは上手くやっているか等の様子や、親からプレッシャーを与えていないかといった、ストレスに繋がる要因を取り除いてあげることが大切です。

③病院で診てもらう

最終手段となりますが、病院(皮膚科)で診てもらうことで子どもも安心します。
ストレスや精神的な要因である場合、医師の問診だけで改善に向かうこともあるようです。

但し、先述した「1カ所に集中して白髪がある場合」は即診察を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

 

よりストレスをためないために

子どもの白髪は時間の経過とともに改善していくケースが多いです。
しかし、白髪があると友達にからかわれたりして学校に行きたくなくなったり、余計にストレスが溜まってどんどん増えていくことも考えられます。

子ども本人が白髪についてとても悩んでいるようであれば、ヘアカラーを利用することも検討してください。

出典:http://www.senior-navi.jp/

出典:http://www.senior-navi.jp/

市販の白髪染めの薬剤は刺激が強いですから、美容院等で相談するのもいいと思います。

最近は使い続けることで徐々に髪が黒くなっていくシャンプーやリンスも販売されていますのでそういった商品を使うのも良いです。