みんなに教えたい話題の記事を発信するブログ

知っておくと便利な豆知識や話題の情報をご紹介しています。

あなたは間違っていない?!腰痛は冷やす?それと温める?

   

腰痛は2本足で歩く人間にとって宿命とも言われており、日本人の約8割の方が腰痛を経験するそうです。

又、腰痛には生活習慣病とも言われ普段の生活による慢性のものと、ぎっくり腰のような急性の腰痛があります。

youtu002

同じ腰痛でもその対処方法を誤ってしまうと、症状が悪化してしまうこともありますので、腰痛の症状をしっかり把握して適切に対処しましょう。

スポンサーリンク

 

腰痛はなぜおこる?

腰痛を持っている方の大半が「腰痛症」といわれるものです。

生活している中でいつの間にか腰が痛くなり、それが治ることもなく痛みが習慣づいてしまいます。

レントゲンで調べてみても異常がないものが大半です。

これは背骨を支えている背筋や腹筋などの筋肉に痛みがでているものと考えられています。

その原因は多くの場合日常生活を送る中で姿勢にあります。姿勢性腰痛とも言われています。

youtu003

一方、椎間板ヘルニアという病気も腰痛の一つです。

椎間板には背骨を構成する椎骨と椎骨の間にゼラチン状のクッションがあり、腰に力がかかってもこのゼラチンがショックを吸収してくれるので腰痛を防いでくれます。

しかし、成人になるとこのクッションの弾力性が失われ、ひび割れたりします。

この状態で腰に負担がかかると対応できなくなり、ゼラチン状のクッションがさけて髄核が飛び出し神経を圧迫します。

この状態が椎間板ヘルニアであり、腰の痛みを起こす要因になっています。この場合はひどくなると手術も必要です。

スポンサーリンク

 

慢性腰痛と急性腰痛の対処方法

腰痛には、先ほどの姿勢性腰痛のような慢性のものとギックリ腰のような急性のものがあります。

この2つの腰痛ではその症状を抑える方法がことなります。腰が痛くなったらなんでもかんでも温熱シップを貼って温める方が多いようです。

慢性の場合はこの方法で間違ってないのですが、ギックリ腰の場合は温めてしまうと逆効果になるので注意が必要です。

ギックリ腰の場合は、腰に炎症が起きている状態ですので、その炎症をできるだけ早く沈めることが痛みをとって治すことが必要です。

youtu001

そこで重要なポイントは「患部を冷やす」という事です。ではどういう風に冷やせばいいのでしょうか。

氷のお灸が効果的

ギックリ腰には「氷のお灸」がおすすめです。

炎症を抑えると同時に痛みもとってくれる最良の方法です。

氷をビニール袋に10個程度(袋の口が結べる程度)入れてそれを患部に当てるだけです。

うつ伏せになった状態で、痛みのある部分に氷を当てて冷やします。

ある程度患部が冷えたら少し時間を置いて又冷やすという繰り返しを行います(一日5~10セット程度がおすすめ)。

できるかぎり最初の2日間程度入浴はシャワーですませ湯船には浸からないようにしてください。

youtu005

ギックリ腰は初期の段階で患部を冷やして炎症を防ぐことで治りも早くなります。

又、最近は患部を冷やす冷感シップも販売されていますので、外出時はこれで対応するのも良いでしょう。

 

慢性の腰痛の場合は?

急性の腰痛の場合は、繰り返し患部を冷やすことが必要です。

一方、慢性の腰痛の場合はとにかく患部を温めることが必要です。

同じように氷のお灸を使いますが、急性の場合と異なり、氷を短時間患部に当てます。

すると血管が収縮しその後拡がりますので血行が良くなり身体が温まるのです。

慢性の腰痛はその部分の血行が悪くなっている場合がほとんどですので、氷のお灸で短時間冷やすことで血行を良くします。

 

まとめ

腰痛には慢性のもの、急性のものがあり、初期の対処方法としては温めるべきものと冷やすべきものになります。

この対処方法について間違った認識を持っている方が意外と多いです。

是非覚えておいてください。

スポンサーリンク